JBC 亀田3兄弟側への賠償命令受けコメント「主張認められず残念」

[ 2020年1月31日 18:53 ]

 プロボクシング元世界王者の亀田3兄弟と所属する個人事務所が、日本ボクシングコミッション(JBC)の不当な処分で試合ができなくなり損害を受けたとして、JBCやその理事らに約6億6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、東京地裁であり、谷口安史裁判長は亀田3兄弟側の訴えを認め、秋山弘志理事長らJBCに総額4550万円の賠償を命じた。

 JBCは同日夕、秋山理事長名でコメントを発表。「JBCの主張が認められなかったことは、残念に思っております。判決文が届いておりませんので、詳しいコメントは控えさせていただきますが、判決内容を精査し、当法人としても論点整理含め、代理人と協議したうえで、今後の対応について考えたいと思っております」とした。

 また、試合の運営やライセンス発給など業務が停滞することを心配する声については「滞りなく万全を期しております」としている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年1月31日のニュース