竹迫司登、大差判定で新王者!世界挑戦へ「少しずつでも前に進んでいきたい」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ   ○竹迫司登 判定  細川チャーリー忍● ( 2020年1月18日    東京・後楽園ホール )

大差の判定勝ちで新王者となり、日本タイトルに続く2本目のベルトを獲得した竹迫司登(左から2人目)
Photo By スポニチ

 竹迫が3―0の判定勝ちで日本タイトルに続く2本目のベルトを獲得した。序盤から左右のボディーを打ち込むなど王者・細川を圧倒。巧みなクリンチで最後まで倒し切れず「悔しい」と漏らしたが、ジャッジ3者の採点は10~12点の大差がついた。

 次は日本王者として指名挑戦者を迎えるが、年内にも3冠目となるWBOアジアパシフィック王座を狙うプランもある。目標は世界挑戦で「少しずつでも前に進んでいきたい」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月19日のニュース