井上尚弥VSドネア戦が年間最高試合 全米ボクシング記者協会が選出

[ 2020年1月19日 05:30 ]

井上尚弥ードネア戦
Photo By スポニチ

 全米ボクシング記者協会は17日、19年の各賞を発表し、年間最高試合に井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を判定で下した11月7日のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝が選ばれた。

 年間最優秀選手には11月の試合で4階級制覇を達成した、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級スーパー王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が選出された。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月19日のニュース