伊藤雅雪、11月誕生の長男に勝利を…再起2戦目へ気合「勝つ姿見せたい」

[ 2020年1月17日 18:58 ]

渡辺卓也(左)とスパーリングを行う伊藤雅雪
Photo By スポニチ

 ボクシングの前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(28=横浜光)が来月2日に中国・海南島で行われる再起2戦目に向けて気合の入った練習を続けている。WBO世界ライト級15位・楊永強(27=中国)との対戦は日本未公認の地域タイトルマッチながら、事実上の挑戦者決定で、伊藤は「ここに勝つと見えてくる世界が変わる大事な試合」と位置付けている。

 17日には日本同級1位・渡辺卓也(30=Reason大貴)らと計7ラウンドのスパーリングを実施。過去に楊とも対戦経験のある渡辺から印象を聞き出し、アドバイスをもらった。

 昨年5月のV2戦でジャメル・ヘリング(米国)に敗れて王座から陥落したが、9月の再起戦でルーベン・マナカネ(インドネシア)に6回TKO勝ち。11月には待望の長男・亜蘭(あらん)君が誕生した。3児のパパとなった伊藤は「娘2人とは違ったかわいさがある。息子に初めて見せる試合なので、覚えてはいないだろうけど勝つ姿を見せたい」と意気込んだ。

 試合まで残り2週間。体重はリミットまで残り5キロと減量も順調。来週にはスパーリングを打ち上げ、27日に現地に向けて出発する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月17日のニュース