【WWE・NXT】KUSHIDA&シェリー、約4年ぶりタッグ結成もトーナメント1回戦敗退…

[ 2020年1月17日 18:44 ]

KUSHIDA
Photo By スポニチ

 WWE「NXT」(日本時間1月15日配信)でKUSHIDA(36)、アレックス・シェリー(36)のタッグが「ダスティ・ローデス・タッグチームクラシック」1回戦に出場するも敗戦した。

 KUSHIDAとシェリーのタッグは、新日本プロレスで「TIME SPLITTERS」としてIWGPジュニアタッグを2度戴冠するなどジュニアのトップ戦線で活躍した。

 1回戦はザック・ギブソン(29)、ジェームズ・ドレイク(26)のタッグチーム「グリズルド・ヤング・ベテランズ」と対戦。KUSHIDAとシェリーは約4年ぶりのタッグだったが、以前と変わらないタッグの連携を見せてファンを沸かせた。試合終盤には合体技のOUTATIME(シェリーがネックブリーカー・ドロップの状態で抱えて、KUSHIDAがムーンサルトプレスを仕掛ける)を狙う。しかしギブソンがKUSHIDAを場外へ落とすと、最後はグリズルド・ヤング・ベテランズがシェリーに合体技のチケット・トゥ・メイヘムを決めて3カウント。KUSHIDAとシェリーは、まさかの1回戦敗退となった。

 試合後にKUSHIDAは「There are good times and bad times in our life...but!WE ARE IN THE SAME BOAT.(人生には良い事もあるし悪い事もある。でも私たちは運命共同体である)」とツイッターに投稿した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月17日のニュース