カシメロ テテにKO勝ち、WBO世界バンタム級王座統一 尚弥との対戦希望

[ 2019年12月1日 15:01 ]

井上尚弥との対戦を要望したWBOバンタム級新王者のカシメロ(撮影・田中哲也通信員)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界バンタム級王座統一戦12回戦は11月30日(日本時間12月1日)、英バーミンガムで行われ、暫定王者ジョンリル・カシメロ(30=フィリピン)が正規王者ゾラニ・テテ(31=南アフリカ)に3回2分14秒TKO勝ちし、王座統一に成功した。

 カシメロは3回、右フックで最初のダウンを奪うと、立ち上がったテテに連打を浴びせてダウンを追加。さらに何とか立ち上がったテテにダメ押しの連打。レフェリーが試合を止めた。

 カシメロが契約するMP(マニー・パッキャオ)プロモーションのショーン・ギボンズ代表はインタビューで「我々の最優先はイノウエとの統一戦だ」と公言し、WBA&IBF同級統一王者の井上尚弥(26=大橋)との対戦を希望。ギボンズ代表はWBO総会出席のために日本へ向かい、井上陣営と交渉に臨む意向も明らかにした。

 一方、12年9月以来となる黒星を喫したテテは熱望していた井上尚との対戦は絶望的となった。

 この結果を受け、井上尚は自身のツイッターに「テテ3R TKO負け。もう少しやると思ったけど…カシメロの一発がひっくり返した。面白くなってきたぞ」と投稿。WBC王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)に加え、新たな対戦候補が浮上したことを歓迎した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月1日のニュース