ネリKO勝ち「やりづらい相手だったが試合をコントロールできた」

[ 2019年7月22日 05:30 ]

 前WBC世界バンタム級王者ネリが、昨年10月に井上尚弥(大橋)に70秒で敗れたパヤノに9回KO勝ちした。

 最後は左ボディーでもん絶させて「やりづらい相手だったが試合をコントロールできた」と胸を張った。昨年3月の山中慎介(帝拳)戦の計量で失格し、今回も前日計量の1回目で200グラムオーバーするなど相変わらずの問題児。今後はWBC同級王者ウーバーリ(フランス)―暫定王者・井上拓真(大橋)の勝者への挑戦を目指す。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月22日のニュース