黒田 気負いなし!6年ぶり世界戦も「楽しんで」

[ 2019年5月13日 05:30 ]

IBF世界フライ級タイトルマッチ   王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)《12回戦》同級4位・黒田雅之 ( 2019年5月13日    後楽園ホール )

<IBF世界フライ級タイトルマッチ>計量を終えた挑戦者の黒田(左)と王者のムザラネ(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 IBF世界フライ級タイトルマッチの前日計量が行われ、両者ともに1回目でクリア。6年ぶり2度目の世界挑戦となる黒田は「凄くワクワクしている。6年間、この舞台に立つためにやってきたので、すぐにでも(試合を)やりたい」と心境を明かした。

 前回の世界挑戦後、2度の日本タイトル挑戦失敗を含め3敗を喫し、常に危機感の中で戦い続けてきた。再びたどり着いた大舞台。「自分も楽しんで、しっかり勝ちたい」。静かな口調に自信をにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月13日のニュース