船井 令和初世界王座「めちゃめちゃ意識している」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ   王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)《12回戦》同級1位・船井龍一 ( 2019年5月4日    米国カリフォルニア州ストックトン )

王者ジェルウィン・アンカハス(左)とポーズをとる船井龍一
Photo By 共同

 4日にIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチに挑む同級1位の船井龍一が2日、米カリフォルニア州ストックトンで記者会見に臨み、令和初の日本人世界王者誕生へ「後からついてくるものだけど、めちゃめちゃ意識している」と意欲を示した。

 王者ジェルウィン・アンカハスは6度防衛中の難敵。33歳の挑戦者は握手を交わし「僕の方が気持ちは強いと思うので、前面に出していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月4日のニュース