高山善廣、首から下が動かない壮絶リハビリ生活…因縁のドン・フライと17年ぶり対面

[ 2019年3月21日 11:04 ]

TBS「今夜解禁!ザ・因縁」に出演する高山善廣(左)とドン・フライ
Photo By 提供写真

 2017年にリング上でのアクシデントで頸椎完全損傷し、リハビリ生活を送っているプロレスラーの高山善廣(52)が22日放送のTBS「今夜解禁!ザ・因縁」(後8・54)に出演。因縁のライバルであるドン・フライ(53)と17年ぶりの対面を果たす。

 同番組は不義理をしてしまった相手、けんか別れした恋人、ふとしたすれ違いで会わなくなった親友など、過去に「因縁」を持つ芸能人がその相手と対面し、当時抱えていたわだかまりや不満をぶつける人気番組。昨年9月の放送では、病床の元横綱の曙太郎(49)を現役時代の最強のライバルだった元横綱・若乃花の花田虎上氏(48)が訪問。両者の絆が大きな反響を呼んだ。

 今回は試合中に頸髄完全損傷の重傷を負い、首から下が動かない壮絶な闘病生活を送る高山とドン・フライが対面。かつて死闘を繰り広げた因縁のライバルの絆が奇跡の復活劇を呼ぶ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月21日のニュース