井上、身長10センチ差不安なし 「勝つ気持ちを持ち続ける」

[ 2019年1月25日 05:30 ]

WBO世界スーパーウエルター級タイトルマッチ   (王者)ハイメ・ムンギア《12回戦》(同級3位)井上岳志 ( 2019年1月26日    米国・ヒューストン・トヨタセンター )

井上岳志
Photo By スポニチ

 世界初挑戦の井上が23日に現地で公開練習を行い、王者ムンギアと初対面した。身長1メートル73の井上に対し、ムンギアは1メートル83と10センチも高いが、同様の差は昨年4月の野中戦でも経験しており、不安はない。

 写真撮影のフェースオフでは約10秒間、にらみ合った後に笑顔で握手を交わすなど堂々とした姿を見せ、「時差ぼけは解消されたし、すべてが正常に戻っている。調子はいい。勝つという気持ちを持ち続けて戦う」と意気込んだ。一方、3度目の防衛戦となるムンギアは「タイトルを守り、ファンに素晴らしい試合を見せる準備はできている」と自信をのぞかせていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月25日のニュース