岡田 米2戦目は前世界王者「ここで勝てば、向こうの人も認めてくれるはず」

[ 2019年1月20日 05:30 ]

スーパーライト級   岡田博喜―レイムンド・ベルトラン ( 2019年2月10日    米カリフォルニア州フレズノ セーブマートアリーナ )

米2戦目が決まった岡田(右)は対戦相手のベルトランに扮した小国にパンチを食らわせる
Photo By スポニチ

WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王者の岡田が来月10日に前WBO世界ライト級王者ベルトランと対戦することが19日、発表された。

 昨年8月に米トップランク社と契約し、9月に米デビュー。米2戦目で勝てば次戦は世界挑戦となる可能性が高く、「ここで勝てば、向こう(米国)の人も認めてくれるはず」と意気込んだ。会見には「イメージを高めるためのスパーリングパートナー」としてジムの同僚で元IBF世界スーパーバンタム級王者の小国以載が同席。写真撮影では、ベルトランの仮装をした小国に岡田がパンチを浴びせて決戦ムードを高めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月20日のニュース