伊藤雅雪 凱旋防衛へ練習公開 合宿300Rで防御習得「目指すボクシング見えた」

[ 2018年12月20日 05:30 ]

公開練習でミット打ちを行う伊藤(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27=伴流)が19日、都内のジムで練習を公開した。7月に日本人としては37年ぶりに米国で世界王座を奪取し、今回が凱旋試合。「判定でもKOでも、誰が見てもはっきり分かる勝ち方をしたい」と意気込んだ。

 先月11日からの米ロサンゼルス合宿では、元WBA世界スーパーバンタム級王者リコ・ラモスらとスパーリング。1日最高20ラウンド、約300ラウンドを消化した。体を密着させた場面でうまさを発揮するチュプラコフに対し、30〜40センチの距離を取り、左ジャブを当て、しっかり防御することを体に染み込ませてきた。「空間を意識してやってきた。2週間、3週間と練習を重ねる中で目指すボクシングの完成形は見えてきた」と話した。

 伊藤にとっては国内のファンに自身をアピールする防衛戦で、指名挑戦者を相手に実力を証明すれば、再び舞台を米国に移してビッグマッチを行うチャンスにつながる。「年末は僕が締めくくる。そして来年は統一戦とか、大きな試合をやりたい」と決意を口にした。 (大内 辰祐)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2018年12月20日のニュース