山根会長、高校総体“出禁”へ緊急決議 6日に高体連が通達

[ 2018年8月6日 05:30 ]

7日まで開催中の高校総体(インターハイ)試合会場への出入りを禁じられる日本ボクシング連盟・山根会長
Photo By スポニチ

 国内アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が岐阜市内で7日まで開催中の高校総体(インターハイ)試合会場への出入りを禁じられることが5日、分かった。6日、主催する高体連から日本連盟へ通達される。

 関係者によると、山根会長がテレビ局の取材などに過去の暴力団との交遊を語ったり、暴力団の元組長が山根会長を「元はヤクザや」と証言したりしたことが、高校生の教育現場で問題視され、緊急に“出禁”が決議されたという。山根会長は1日の開会式には出席しなかったが、来賓席には豪華な革張りのイス、控室にはおもてなしリストに沿った緑茶やせんべいなどが手配されていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年8月6日のニュース