伊藤、人生の全てを懸けて7・28世界初挑戦 全米生中継決定

[ 2018年6月13日 05:30 ]

伊藤雅雪
Photo By スポニチ

 ボクシングの前東洋太平洋スーパーフェザー級王者でWBO同級2位の伊藤雅雪(27=伴流)の世界初挑戦が決まった。7月28日に米フロリダ州キシミーで、同級1位クリストファー・ディアス(23=プエルトリコ)とのWBO同級王座決定戦に臨む。WBOと米トップランク社が11日、発表した。試合は米スポーツ専門局ESPNのストリーミング配信サービス、ESPN+で全米生中継される。

 現WBOアジア・パシフィック同級王者の伊藤は25戦23勝(12KO)1敗1分け。スタイリッシュな右ボクサーファイターで、米ロサンゼルスで合宿を積み重ねて実力を伸ばした。ディアスは23戦全勝15KOのプエルトリコのホープで、「パワーとスピードがあるいい選手だが、7月28日は自分がチャンピオンになる」とコメント。「日本に必ずベルトを持って帰る。妻と子供に約束した。人生の全てを懸けて戦う」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年6月13日のニュース