京口 ジムワーク再開!階級変更を希望“ベスト発揮できる”

[ 2018年6月2日 05:30 ]

ジムワークを再開した京口
Photo By スポニチ

 先月20日にダブル世界戦で2度目の防衛に成功したIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24=ワタナベ)がジムワークを再開し、2階級制覇に意欲を示した。

 陣営は次戦を9月ごろに予定し、他団体王者との統一戦も視野に入れているが、本人は「ベストパフォーマンスを発揮できる階級でやりたい」と階級を上げることを希望。「統一戦がやれないならミニマムにとどまる理由がない」と言い切った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年6月2日のニュース