王者・京口 一発パスで減量から解放「終わった〜」 乾ききった体に水分とおにぎり

[ 2018年5月19日 14:06 ]

調印式を終えた京口(左)とパラス
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦は20日、東京・大田区総合体育館で行われる。19日は調印式と前日計量が行われ、IBF世界ミニマム級タイトルマッチで2度目の防衛を目指す王者・京口紘人(24=ワタナベ)、挑戦者でIBF世界ライトフライ級10位ビンス・パラス(19=フィリピン)ともにリミットの47・6キロで一発クリアした。

 ようやく、長く辛い減量から解放された京口は「終わった〜」と息を吐き出し、乾ききった体に水分を流し込んだ。控え室に戻ると、おにぎりを2個たいらげ「これで1.8キロぐらいは戻ったかな」と笑顔。「あとは、いい感じで試合に持っていけたら結果はついてくる」と自信をのぞかせた。予定されていた当日計量はなくなったため、試合本番まで、ゆっくりリカバリーする。

 計量の先立ち行われた調印式後の会見では「KO率の高い同士、エキサイティングな迫力のある試合をしたい」とアピール。一方のパラスも「自分にとっては大きなチャンスだし、ワクワクしている。エキサイティングな試合になる」とコメントした。

 なお、使用グローブは日本製8オンスで京口がオレンジ、パラスが赤。レフェリーはベンジー・エスベタス氏(アメリカ)、ジャッジはマイク・フィッツジェラルド(同)、アルフレド・ポランコ(メキシコ)、ネヴィル・ホッツ(南アフリカ)の3氏が務める。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年5月19日のニュース