38歳好川、初防衛成らず WBO女子フライ級

[ 2017年4月29日 19:27 ]

1回、モンセラット・アラルコン(右)にダウンを奪われた好川菜々
Photo By 共同

 世界ボクシング機構(WBO)女子フライ級タイトルマッチ10回戦は29日、堺市の国際障害者交流センターで行われ、チャンピオンで38歳の好川菜々(堺東ミツキ)は挑戦者のモンセラット・アラルコン(メキシコ)に7回4秒、0―3の負傷判定で敗れ、初防衛は成らなかった。

 好川はアラルコンに近い距離での打ち合いを挑まれ、1回と4回にダウンを喫した。劣勢で試合が進んだ中、相手の切れた左まぶたが悪化し、7回負傷判定負け。昨年10月の同級王座決定戦を制し、初めて就いた世界王座を守れなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2017年4月29日のニュース