三浦 王座奪還に自信「王者は防御がうまい選手ではない」

[ 2017年3月27日 05:30 ]

WOWOWでリナレス戦のゲスト解説を務めた三浦隆司
Photo By スポニチ

 ボクシングの元WBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(32=帝拳)が王座返り咲きに自信を示した。都内でWOWOWの試合中継のゲスト解説を務め、6月か7月に米ロサンゼルスで王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)への挑戦が決定的となってから初めてコメント。「大きなチャンスなので必ずモノにしたい。予定ができてまたモチベーションが上がる」と話した。

 ベルチェルトについては「ワンツー主体で距離があるところから伸びてくる。その距離にいたらやられるので懐に入って崩したい」と分析。前王者バルガス(メキシコ)より戦いづらい相手とみられるが、「ストレート系は苦にしないし、やってみたら自分の方がやりやすい展開になるのでは。防御がうまい選手ではない。若さと勢いがある分モロさもあるし、弱点だと思う」とイメージした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2017年3月27日のニュース