3階級制覇の一翔、レベコと再戦へ意欲「もう1回、ぶっ飛ばす」

[ 2015年6月6日 05:30 ]

WBAフライ級のものを加え、4本の世界ベルトを並べた井岡一翔

 4月に3階級制覇を達成したWBA世界フライ級王者の井岡一翔(26=井岡)が大阪市内のジムで本格的に練習を再開した。

 5月下旬にWBAから前王者フアンカルロス・レベコ(31=アルゼンチン)との再戦指令が出されたが、父の一法会長は、井岡がタイトルを獲得すれば2度目の防衛戦で再戦する契約があったと明かし「再戦には応じる。早いか、遅いかだけのこと」。9月の次戦か、大みそかの次々戦かで交渉中という。井岡は「必ず返り討ちにします。KOで決着をつけたい。もう1回、ぶっ飛ばしますよ」と完全決着を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2015年6月6日のニュース