王者&暫定王者とも一発パス!多田「外に売り出す」

[ 2011年4月17日 06:00 ]

調印式を終え、ポーズをとるWBA女子ミニマム級正規王者の多田悦子(左)と暫定王者のイベス・サモラ

 王者の多田悦子(29=フュチュール)が暫定王者イベス・サモラ(22=メキシコ)と対戦するWBA世界女子ミニマム級タイトルマッチ(17日、よみうり文化センター)の調印式と前日計量が16日、大阪市内であり、両者とも一発でパスした。

 サモラは長い髪を短く切って登場。「日本はこういう髪形の女性が多いみたいだし、合わせてみた」と笑顔で話した。多田はリミットを400グラム下回る47・2キロでクリア。「国内だと競技人口が少ない。外に売り出していかないと」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年4月17日のニュース