長期欠場も…丸藤、変形性頸椎症性神経根症再発

[ 2011年4月17日 06:00 ]

 【ノア】丸藤が変形性頸椎(けいつい)症性神経根症を再発し、17日の小山大会から欠場することが濃厚となった。丸藤は青木、石森らと組んで平柳、金丸、KENTA組と激突。10分すぎにKENTAの打撃を食らい、急に右腕を押さえて倒れ込んだ。

 診察した浅子トレーナーは「前回と一緒の症状で右腕に力が入らないと言っている」と話した。丸藤は昨年7月のDDT両国大会で負傷し5カ月間、欠場した。再び長期欠場に追い込まれそうだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年4月17日のニュース