PR:

76ersの注目新人コンビがデビュー 初戦は黒星

NBAデビューを果たした76ersのシモンズ(AP)
Photo By AP

 NBA76ersは4日、プレシーズンの初戦でグリズリーズと対戦し、昨年のドラフトで全体トップで指名されながら故障でシーズンを棒に振ったベン・シモンズ(21歳=ルイジアナ州立大出身)が先発。2メートル8の大型ポイントガードとして期待されているが、プロのデビュー戦は22分の出場で6得点、7リバウンド、9アシストという内容だった。フィールドゴール(FG)の成功は8本中2本。放った3本の3点シュートはすべて失敗した。

 今季のドラフトでトップ指名を受けたマーケル・フルツ(19歳=ワシントン大出身)もシモンズとともにバックコート陣の1人として先発。しかしFG成功は13本中2本にとどまり、23分出場したものの4得点に終わった。試合はグリズリーズが110―89(前半56―55)で勝ってプレシーズンでは2戦2勝。先発したフォワードのブランダン・ライト(29歳)がチーム最多の16得点をマークした。

 キャバリアーズはホークスとプレシーズンの初戦に臨んだが、キャンプ初日に左足首を痛めたレブロン・ジェームズ(32歳)は欠場。フォワードだったケビン・ラブ(29歳)をセンターで起用した先発陣には、デリック・ローズ(28歳)、ドウェイン・ウェイド(35歳)、ジェイ・クラウダー(27歳)といった3人の移籍組が名を連ねた。先発陣は全員15分だけ出場。ラブは3本の3点シュートなどで12得点、クラウダーは8得点、ウェイドとローズは7得点だった。試合はホークスが109―93(前半47―50)で勝って白星発進。先の欧州選手権にドイツ代表として出場したガードのデニス・シュルーダー(24歳)が両軍最多の18得点を稼いだ。

 <4日の結果>

ホーネッツ(1勝1敗)108―106ピストンズ(1敗)、ペイサーズ(1勝)104―86バックス(2敗)、マーベリクス(2勝)118―71ブルズ(1勝1敗)、ナゲッツ(3勝)122―104レイカーズ(3敗)

[ 2017年10月5日 15:26 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月14日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画