PR:

ケニア勢 5年ぶりアベック優勝、男子∨のキルイ「本当にうれしい」

第121回ボストン・マラソン ( 2017年4月17日    米マサチューセッツ州ボストン )

ボストン・マラソン男子優勝のキルイ(AP)
Photo By AP

 マラソン王国ケニア勢が5年ぶりにアベック優勝を果たした。男子は昨年のロッテルダム3位の伏兵、キルイが、リオデジャネイロ五輪銅メダルのラップ(米国)を35キロすぎに振り切った。「3度目のマラソン挑戦で今回は優勝したかった。本当にうれしい」と喜んだ。女子は世界選手権優勝の実績があるキプラガトが2位に1分近い大差をつけ、「沿道の声援が大きな力になった」とはにかんだ。

 ≪車いす男子で山本3位≫ボストン・マラソンの車いす男子は2013年大会覇者の山本が粘り強い走りで、3位に入った。「気持ちよく走ることができた。表彰台も4年ぶりなので納得している」と満足感を漂わせた。山本が優勝した4年前はゴール付近の爆破テロで死者が出た。50歳のベテランは「この大会もテロに負けずに続けているので、自分もチャレンジを続けられている」と感慨深げだった。

[ 2017年4月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画