PR:

新潟監督にセレーゾ氏浮上 鹿島で5冠の名将に白羽の矢

トニーニョ・セレーゾ氏
Photo By スポニチ

 新潟の来季監督に、鹿島を過去2度率いた元ブラジル代表MFトニーニョ・セレーゾ氏(61)が浮上していることが分かった。関係者によれば、当初は元J2岡山監督で日本協会の技術委員を務める影山雅永氏(49)が有力となっていたが、折り合いがつかなかったようで方針転換。世界でもその名が知れ渡るセレーゾ氏の招へいに動く可能性が出てきたという。

 セレーゾ氏は00~05年、13~15年の2度にわたり鹿島を指揮。第2次政権では途中解任されたが、第1次政権では1年目の3冠を含め6年で計5冠を達成した。またリストには今季途中までFC東京を率いた城福浩氏の名前も入っているもよう。今季低迷した新潟は9月に吉田達磨前監督を解任。コーチから昇格した片渕浩一郎監督がJ1残留を死守したものの、成績はクラブワーストだった。 

[ 2016年11月24日 06:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:01月19日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム