総合格闘技

 戻ってきたターミネーターが再び頂点を極めた。無差別級トーナメントの準決勝、決勝が行われ、ミルコ・クロコップ(42=クロアチア)がバルト(32=エストニア)、アミール・アリアックバリ(29=イラン)に連勝し、優勝を飾った。06年のPRIDE無差別級GP、12年のK―1ワールドGPに続き、日本で三たび過酷なトーナメントを制した。

記事全文
Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム

      スペシャルコンテンツ