PR:

尚弥、超絶テクKOで米に乗り込む「次につながる大事な試合」

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ   王者 井上尚弥≪12回戦≫同級2位 リカルド・ロドリゲス ( 2017年5月21日    有明コロシアム )

防衛戦への意気込みを話す井上尚弥
Photo By スポニチ

 ダブル世界戦の調印式が都内で開かれ、5度目の防衛を狙うWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)は「次につながる大事な試合。全力でアピールして、いい形で終わらせたい」と抱負を述べた。次戦はオファーが来ている9月の米国進出が有力。プランを問われた大橋秀行会長は「ホノルル空港がイノウエ空港に変わった」とハワイの空港が日系初の連邦上院議員の名前を取って名称変更された話題を持ち出し、「その風に乗って“世界の井上”にしたい」と話して笑わせた。

 アピールとはただKOするだけではない。大橋会長は「尚弥はパンチ力がクローズアップされるけど、テクニックも凄く進化している。注目してもらいたい」と予告。今回の練習ではサウスポーへのスイッチを再三見せており「右アッパーや左ストレートが凄い。左打ちでもいける。過去にこんな王者はいなかったと思う」と期待を寄せた。

[ 2017年5月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月20日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム