PR:

竹原氏「村田君が勝っていた」浜田氏「採点にはびっくり」田辺氏「最悪の判定」

エンダムを称える村田
Photo By スポニチ

 プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)が2―1の判定で12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)を下した。

 1995年に日本選手でただ一人、ミドル級世界王者となった竹原慎二氏は「自分の採点では5ポイント、村田君が勝っていた。すごく残念」と険しい表情を浮かべた。

 12回を闘い抜いた村田の闘いぶりを「プレッシャーをよくかけていた。ただ、手数があまりにも少なかった」と評した。

 世界の重量級の壁に、日本選手は長らくはね返されてきた。竹原氏は「王座を取るならば、村田君だと思っていた。勝ちに等しい負けだと思う。もう一度チャンスがあれば」と再起を願った。

 ▼浜田剛史氏(元世界スーパーライト級王者)の話 採点にはびっくりした。村田はこれ以上ない出来だと思っていた。エンダムは手数が多かったけれど、村田はしっかりブロックしていた。

 ▼山中慎介(WBCバンタム級を12度防衛中の王者で村田の高校の先輩)の話 ジャッジに対してショック。何を言ったらいいか分からない。村田はしっかりブロックして、自分の良さを出せていた。

 ▼田辺清氏(1960年ローマ五輪フライ級銅メダリスト)の話 今まで見た試合の中で最悪の判定だ。逃げる相手に対し、村田は攻めてパンチを的確に当て、ダウンも奪った。誰が見てもワンサイドのゲーム。ローマ五輪で、一方的に攻めていたのに負けた自分の準決勝を思い出したが、あれよりもひどい判定で腹が立つ。

[ 2017年5月20日 22:34 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:09月26日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム