PR:

社会人野球 7イニング制導入を検討…東京五輪の時短視野

 全日本野球協会の鈴木義信副会長(71)は10日、来季から社会人野球の公式戦で「7イニング制」の導入を検討することを明かした。「初めに社会人がやらないといけない。導入して慣れさせないと」と今後、話し合っていくことを示唆。都市対抗や日本選手権の2大大会では見送られる方向だが、日本野球連盟(JABA)の地方大会の予選リーグ限定で導入が検討されることになりそうだ。

 2020年の東京五輪で野球・ソフトボールが実施競技に復活した場合、試合時間短縮のために野球は7イニング制で行われる可能性が高い。同副会長は「9イニングだと放送時間内に試合が終わらない。6回や7回で終わってしまって肝心なところが見られない」とした上で「観客は2時間30分を過ぎたら長く感じる」と、7イニング制導入には前向きだ。

 時間短縮は五輪での野球にとって大きな課題。88年のソウル五輪で日本代表監督を務めた同副会長は、私見とした上で「タイブレークももちろん(考えないといけない)」と試合の早期決着を前提にしていく意向も示した。ルール改正は反発する意見が出ることは必至だが、五輪での復活へ向け改革に着手する。

[ 2014年12月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム