×

井岡一翔 大みそか決戦は7回KOで初防衛成功「超気持ちいい~」 来年エストラダとの統一戦実現へ弾み

[ 2023年12月31日 20:39 ]

プロボクシング WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ ( 2023年12月31日    東京・大田区総合体育館 )

<WBA世界S・フライ級タイトルマッチ>井岡一翔×ホスベル・ペレス 5回、ペレスから1回目のダウンを奪う井岡(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 世界4階級制覇王者でWBA世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(34=志成)が挑戦者の同級6位ホスベル・ペレス(28=ベネズエラ)を7回2分44秒KOで下し初防衛に成功。12度目の大みそか決戦を制し、世界戦の日本人選手最多勝利数を22勝とした。井岡のKO勝利は20年の12月31日に田中恒成を8回TKOで破って以来となった。

 井岡は1Rから積極的に攻撃を繰り出し、的確なボディー攻撃から3Rにはハードパンチャーの相手と打ち合う一幕もあった。KOを狙うと宣言した通り、序盤からエキサイトしたシーンが目立った。さらに5Rにはボディーから左右のフックなど2度のダウンを奪い、優勢に進めた。そして7R、左ボディーから右ストレートを打ち込み、ペレスは3度目のダウン。立ち上がることはできなかった。

 格の違いを見せつけた。鬼門とも言われる初防衛戦で挑戦者ペレスを寄せ付けず。26日に史上2人目の2階級4団体王座統一を達成した世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(30=大橋)を再び引き離す世界戦日本人最多の22勝目を挙げた。

 モチベーションの低下も心配された試合だった。当初は“階級最強”のWBC同級王者王者フアンフランシスコ・エストラダ(メキシコ)との統一戦を熱望していたが、年内の対戦交渉がまとまらず。今回ペレスとは戦わない選択肢もあった中、「あまりモチベーションという言葉で表現はしたくないが、まず12回目の大みそかのリングに上がれることに感謝している」と恒例となった年末の舞台に立てる喜びを胸に、ビッグマッチ前と同様に自らの気持ちを高ぶらせこの試合に臨んだ。

 24年のエストラダとの統一戦実現へ、これ以上ないアピールとなった。この日、ペレスのセコンドを務めたのは同王者のチーフトレーナーを務めるカバジェロ・トレーナー。直前のメキシコ合宿から約1カ月半ペレスとコンビを組み「井岡のことを勉強するようになった」の話す同氏の前での勝利。井岡陣営も「来年5月をメドに」と交渉は継続しており、24年のエストラダ戦実現に望みをつないだ。

 自身の大麻成分検出騒動に対戦相手の大幅体重超過。さらには念願のエストラダとの統一戦もかなわず、井岡に逆風が吹き荒れた一年だった。それでもいつもと変わらず練習に励む姿勢は同門若手選手の手本となっていた。24年こそ念願の統一戦実現へ、順当に防衛を成功させ23年を締めくくった。

 試合後、井岡は「久しぶりのKO勝利を皆さんにお見せできて、超気持ちいい~」とリング上で叫びながら、関係者やファンに感謝。「ペレス選手は序盤からいいパンチがあったが、最後まで戦う闘志を見せたかったので、ぶれずにできた」と話した。

 狙っていたKO勝利については「普段、KOにはこだわっていないが、皆さんにも久しぶりに味わっていただきたかった」と、ファンのためだと明言。そして、世界戦22勝目には「意識はしてないです。現役を終えて振り返ったときに積み重ねてきた記録」と話し、「12年間、長く応援して頂いている皆さんに感謝したい」と再びファンに感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2023年12月31日のニュース