×

力石が初タイトル 矢吹正道の弟、ゆかりの地で戴冠「夢は兄弟同時世界王者」

[ 2022年5月16日 05:30 ]

東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦   〇力石政法 判定 渡辺卓也● ( 2022年5月15日    墨田区総合体育館 )

プロ初戴冠の力石(左)と兄の矢吹(撮影・中出健太郎)
Photo By スポニチ

 前WBC世界ライトフライ級王者・矢吹正道の弟、力石がフルマークの3―0判定勝ちでプロ初タイトルを獲得した。

 兄弟で漫画「あしたのジョー」の矢吹丈と力石徹からリングネームをつけたが、作者ちばてつや氏が試合会場の墨田区出身とあり、ゆかりの地での戴冠となった。

 世界王座陥落後に一時は引退の意向も示した兄が現役続行を決めており「夢は兄弟同時世界王者。兄が復活したので、また夢に向かって頑張れる」と喜んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月16日のニュース