×

RIZIN.34 第1弾対戦カード発表 弥益ドミネーターVS萩原京平など8試合

[ 2022年2月16日 14:32 ]

<RIZIN.34>対戦カード発表会見でのフェースオフで迫る萩原京平(右)に対し、弥益ドミネーター聡志は「やめてポーズ」でおどける
Photo By スポニチ

 総合格闘技イベント「RIZIN.34」(3月20日、丸善インテックアリーナ大阪)の概要及び第1弾対戦カード発表会見が16日、東京都内のホテルで行われた。RIZINナンバーシリーズの2022年の最初の大会で、湘南美容クリニックが年間の冠スポンサーとなることが発表された。また、新たな試みとしてVR(仮想現実)技術を駆使したライブ配信にもチャレンジすることも明かされた。

 この日、発表されたはキックボクシングルール4、MMA(総合格闘技)ルール4の計8試合。榊原信行CEOは「6月のビッグマッチ(那須川天心VS武尊)に向けてチャレンジする選手に出てきてほしい」と、さらにキックの試合を増やす意向を示し、MMAも含め、全15試合程度になる見込みだとした。

 会見にはMMAルール(66キロ)5分3Rで激突する弥益ドミネーター聡志(32=team SOS)と萩原京平(26=SMOKER GYM)が出席。萩原は「ドミネーター選手とは1年前に自分が試合したいと言っていた」と自ら対戦を希望したことを明かし、普段は会社勤めをしている弥益に対し、「地元大阪のファンの前で、思い切りぶっ飛ばしてサラリーマン業に専念させてあげようかと思っています」と豪語。榊原CEOに「このカードをメインでお願いします」と直訴した。

 一方、弥益は萩原からのラブコールを「光栄」としながらも「アピールに誠意が感じられない。その辺りは、ちょっとイラついていた。3月20日は忘れたくても忘れられない日にしてあげたいと思っている」と反撃。早くも火花を散らしていた。この日、発表されたカードは以下の通り。

 ▼キックボクシングルール(61キロ)3分3R
大雅(チームドラゴン)VS高橋亮(門真ジム)
 ▼同(70キロ)3分3R
憂也(魁塾)VS洋輔YAMATO(大和ジム)
 ▼同(61キロ)3分3R
笠原友希(シーザージム)VS元氣(楠誠会館)
 ▼同(70キロ)3分3R
蛇鬼将矢(テツジム)VSこうた(武心會)
 ▼MMAルール(57キロ)5分3R
北方大地(パンクラス大阪稲垣組)VS村元友太郎(ALIVE)
 ▼同(77キロ)5分3R
ストラッサー起一(総合格闘技道場コブラ会)VS阿部大治(フリー)
 ▼同(61キロ)5分3R
アラン“ヒロ”ヤマニハ(ルテリア・ボンサイ)VS手塚基伸(シークレットベースドミネート/コブラ会)
 ▼同(66キロ)5分3R
弥益ドミネーター聡志(team SOS)VS萩原京平(SMOKER GYM) 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年2月16日のニュース