×

大嶋剣心、初のタイトル挑戦決定!「日本バンタム級のベルトを動かすのは僕」

[ 2021年12月6日 10:28 ]

 ボクシングの帝拳ジムは6日、公式サイトで日本バンタム級2位の大嶋剣心(26=帝拳)が同級1位の澤田京介(JBスポーツ)と王座決定戦に臨むことを発表した。2月5日に東京・後楽園ホールで開催される。

 日本バンタム級王座は 前王者の鈴木悠介(三迫)が今年1月に右目の網膜剥離を理由に王座返上して引退。7月に澤田と定常育郎(T&T)で王座決定戦を行ったが、2回負傷引き分け。先月12日に行われる予定だった再戦は、定常が減量失敗による体調不良で前日計量を欠席し、キャンセルとなり、大嶋にチャンスが巡ってきた。

 プロ7年目で初のタイトル挑戦が決まった大嶋は「前の試合から紆余曲折あり、2年3カ月ぶりの試合です。この長い間、強くなる事だけをモチベーションに生活してきました。もちろん前の試合と同じ僕ではありません。自分でもどれだけ通用するのかわからないのですが、それを試すには最高のステージだと思ってます。この2年間やってきた事が正しかったと、自分で自分に証明してあげられるような試合になればと思ってます。長く動かなかった日本バンタム級のベルトを動かすのは僕だと信じて闘います」とコメントを寄せている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年12月6日のニュース