朝倉未来と平本蓮 ツイッターで舌戦!大みそか対戦も?朝倉「俺がやってやろうか?」平本「やってやる」

[ 2021年11月23日 19:35 ]

朝倉未来(左)と平本蓮(右)
Photo By スポニチ

 格闘家の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)と格闘家の平本蓮(23=THE PANDEMONIUM)が23日にツイッター上で舌戦を繰り広げた。

 朝倉が「人の闇」とタイトルを付けた初めて書いた油絵の作品に平本が「おい、朝倉未来の本気で描いた絵。このレベルなら俺の地元の小学生たちが描いた防犯ポスターにこんな絵あったぞ。アートとか言ってるアホ馬鹿じゃねぇのwwwwwww」と挑発すると朝倉はそのツイートに「はい、はいそうだね、早く試合しようね」と冷静にリプライ。さらに平本は「これはこれは素人ボコボコにして全国のいじめっ子に新たな刺激を与えてしまった朝倉未来さんじゃないですか」と引用ツイートで挑発した。すると朝倉も「これはこれは1年前にボコボコにされて1度も試合しないで評論家になってしまった0勝1敗の平本くんやん」と平本のツイートに合わせたリプライすると平本は「おーそれはそれは今の萩原に勝ったくらいでいきがってしまってる世界ミクル級チャンピオンの朝倉未来さん元気ですか?」とリプライで挑発を続けた。

 そのリプライを引用ツイートして朝倉は「これを平本が言うのダサすぎてある意味極めてるw」とつづると平本は「黙れよコアラ。みんな媚を売っておけば仕事になるから大人たちはまともな事こいつに言わないけどこいつ頭おかしいぞ」と反撃した。

 その反撃に朝倉は「対戦相手選びすぎて、大晦日も試合しなかったら流石にまずいから俺がやってやろうか?」と大みそかの対戦相手に誘うと平本も「いつでもやってやるよ」とリプライした。朝倉は「ほう、じゃあ会見用意してもらおうか。これでも弱いものいじめってくるんだろうなw」と引用ツイートすると平本は「今度は俺が全国のいじめっ子に刺激を与えちゃうな」と返信した。

 平本は昨年の大みそかにMMAの試合に初めて挑んだが、対戦相手だった萩原京平(SMOKER GYM)に2R1分29秒TKO負けを喫している。その後、今年の9月からアメリカへ単身修行に行き、現在もアメリカで練習を続けている。朝倉も今年6月にクレベル・コイケ(ボンサイ柔術)に失神負けを喫したが再起戦となった10月の萩原戦で判定ながらもきっちり勝利を収めている。フェザー級で試合する両者の試合は大みそかに実現するのか注目が集まる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年11月23日のニュース