新型コロナ感染から復帰の拳四朗がV9戦へオンライン公開練習「勝てる自信しかない」 

[ 2021年9月13日 14:29 ]

寺地拳四朗
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBC世界ライトフライ級王座を8度防衛中の寺地拳四朗(29=BMB)が13日、同級1位・矢吹正道(29=緑)との防衛戦(22日、京都市体育館)に向けての練習をオンラインで公開した。

 本来は今月10日に開催予定だったが、先月25日に新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定された。9月3日までの健康観察期間を経て検査で陰性が確認され、6日のCT検査で肺、血液、心電図全て異常なしと診断されたことから、主催者が22日に開催することを発表していた。

 公開したのはシャドー、ミット打ちなど軽めの内容だったが、持ち味の軽快なフットワークは健在。「仕上がりはすごく良い。休んだ分の感覚もすぐに戻った」と好調をアピールし、「矢吹選手はうまいけど、実力的には僕の方が絶対に上。勝てる自信しかない」と言い切った。

 隔離期間は都内の自宅で静養し、6日の検査で異常がないことを確認すると、すぐにジムワークを再開。すでに20ラウンド弱のスパーリングも行った。東京の拠点とする三迫ジムで寺地を担当する加藤健太トレーナーは「感染前の段階で“これで行ける”というのを2人で作れていた。復帰後は、それを思い出す作業をしてきた。ミスなくやってくれれば勝てる」と太鼓判を押した。

 感染が判明した時には「どうしよう。試合がどうなるか心配だった」という寺地。関係者や対戦相手の矢吹、ファンに対して「申し訳ない気持ち」を抱いたが、隔離期間に知人や後援者などからフルーツやビタミン剤などの差し入れがあり、「早く元気になって良い試合をしよう」と気持ちを切り替え。「(差し入れは)本当に助かった。その恩返しも含めて良いパフォーマンスで良い勝ち方をしたい」と意気込んだ。

 加藤トレーナーによると、今週中に体調をみながら5~6ラウンドのスパーリングを1、2回行って実戦練習を打ち上げ、20日に試合が行われる京都入りする。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月13日のニュース