元統一ヘビー級王者・ホリフィールド 10年ぶり復帰戦も1回TKO負け

[ 2021年9月13日 05:30 ]

1回、TKOで敗れたホリフィールド(右)(AP)
Photo By AP

 ボクシングの元統一世界ヘビー級王者イベンダー・ホリフィールド(58=米国)が11日、米フロリダ州ハリウッドで行われた同級8回戦(1ラウンド2分)で元UFC王者ビトー・ベウフォート(44=ブラジル)に1回1分49秒TKO負けを喫し、10年ぶりのリング復帰を白星で飾れなかった。

 開始50秒すぎに左フックから連打を浴び、空振りでバランスを崩してロープに突っ込むと、再開後に左フックからのアッパーでダウン。立ち上がったものの防戦一方となり、レフェリーが試合をストップした。

 4度ヘビー級王座に返り咲いた過去の栄光も台無しの惨敗。ホリフィールドは「俺は傷ついていない」とストップに不満を述べたが米メディアは「二度とリングに上がるべきではない」と一斉に批判した。コメンテーターを務めたトランプ前米国大統領だけが「選挙のようだ。不正の可能性がある」と擁護した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月13日のニュース