京口が米国到着 V3へ順調に減量中「気を抜かず調整します」

[ 2021年3月7日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ   スーパー王者 京口紘人《12回戦》同級10位 アクセル・アラゴン・ベガ ( 2021年3月13日    米テキサス州ダラス )

ダラスに到着し、ホテルで疲労回復などのために水素吸引しながらリラックスする京口紘人(ワタナベジム提供)
Photo By 提供写真

 3度目の防衛を目指すスーパー王者の京口紘人が5日、米デビュー戦の舞台となるテキサス州ダラスに到着した。

 ホテルでは時差ボケ解消のために日光浴し、約30分間のシャドーボクシングで汗を流した。試合まで1週間で減量は残り3・1キロと順調。夕食は、ダラス日本人会が用意した食材や調理器具を使って深町信治マネジャーが調理した豚汁、納豆、ご飯などに舌鼓を打った。また、自室に活性酸素を除去するとされる水素吸入器を持ち込んで疲労回復に努めたという。京口は自身のSNSに写真や映像を投稿し、「気を抜かず調整します」とコメント。6日には現地コミッションでメディカルチェックを受ける。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月7日のニュース