京口紘人、メディカルチェックで異常なし!「明日から集中して気持ちを高める」

[ 2021年3月7日 14:54 ]

ダラス市内の病院でメディカルチェックを受ける京口紘人(ワタナベジム提供)
Photo By 提供写真

 米デビュー戦で3度目の防衛を目指すプロボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(27=ワタナベ)が渡米2日目となる6日(日本7日)、テキサス州ダラス市内の病院でメディカルチェックを受けた。午前8時に現地コーディネーターと待ち合わせ、テキサス州のライセンス取得に必要な血液検査、身体検査、眼底検査を行い、異常はなかったという。

 13日(日本時間14日)に同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(20=メキシコ)と3度目の防衛戦を行う京口は、ジムを通じて「現地の日本人会や同行スタッフの協力もあり全体的に一日をリラックスして過ごすことができました。来週末の試合に向けて明日からまた集中して気持ちを高めていきます」とコメントを寄せた。

 自身のインスタグラムにはストーリーズ機能を使い、前日に続いて日光浴している姿の写真、ホテル内のジムでエアロバイクで有酸素運動する動画などを投稿。リラックスした表情を見せている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月7日のニュース