井上拓真、1年2カ月ぶり再起戦で東洋太平洋王者に挑戦 前日計量クリア「早く試合がしたい」

[ 2021年1月13日 17:01 ]

<東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦>前日計量をクリアした王者・栗原慶太(左)と挑戦者の井上拓真(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシング東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ12回戦(14日、後楽園ホール)の前日計量が13日、東京都文京区の日本ボクシングコミッション事務局で行われ、王者・栗原慶太(28=一力)はリミットを100グラム下回る53.4キロ、挑戦者で元WBC世界同級暫定王者の井上拓真(25=大橋)はリミットの53.5キロでクリアした。

 井上拓にとっては19年11月の正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との王座統一戦以来、実に1年2カ月ぶりの再起戦。計量後にリモートで取材に応じた井上拓は「やっと試合ができる喜びというか、久々のワクワク感というか、とにかく早く試合がしたいですね」と心境を語った。

 対戦相手の栗原は15勝(13KO)5敗とKO率の高い選手。井上拓は「パンチはありそうなので、その一発だけを気をつけて戦っていきたい」と警戒しつつ、「いつも通り、打たせないで打つを徹底して流れの中で決めたい」と勝利を誓った。

 コロナ禍で海外からスパーリング・パートナーを呼ぶことはできなかったが、同門の選手と約80ラウンドのスパーを消化。兄でWBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥や前WBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)とのスパーもあり、調整には自信を持っている。

 「また世界に向かうための通過点」と位置づける一戦。栗原対策というより自分のレベルアップを心がけて練習してきた。「フィジカルも技術もディフェンスも全体的にレベルアップできたと思うので、その成長を見てほしい」と話す。勝利はもちろん内容も求められることは理解している。「自分のボクシングを貫き通すというか、序盤から自分が主導権を握ってやりたい」と意気込みを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年1月13日のニュース