拳四朗 泥酔騒動を猛省「自覚に欠けた行動だった」 12月防衛戦は白紙に

[ 2020年11月27日 05:30 ]

寺地拳四朗
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(28=BMB)が26日、今夏に泥酔して他人の車を破損するトラブルを起こしたことを謝罪した。

 「週刊文春」に騒動を報じられた寺地は「今月になって警察から呼び出しがあり、その時点で初めて自分が何をしたのか分かった」と釈明。すでに被害者とは示談が成立したが、この不祥事で12月に計画していた防衛戦も白紙になった。「社会人として自覚に欠けた行動であり、次戦の準備をしていただいていた関係各位には、多大なるご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません」と猛省した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年11月27日のニュース