WBAスーパー王者“カネロ”がフリーに 村田諒太らの動向に影響か

[ 2020年11月8日 05:30 ]

WBA世界ミドル級スーパー王者サウル・アルバレス
Photo By AP

 4階級を制したWBA世界ミドル級スーパー王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)と、プロモート契約を結んでいた米ゴールデンボーイ・プロモーションが6日、ともに関係解消を発表した。

 パウンド・フォー・パウンド(PFP=全階級を通じての最強ランキング)1位にランクされるカネロは新型コロナウイルスの影響などで試合が組まれない状況を受け、9月に同プロモーションとDAZNを提訴していた。今後はフリーとなるため、対戦を希望するWBA同級正規王者・村田諒太(帝拳)らの動向にも影響を与えそうだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年11月8日のニュース