比嘉大吾 前日計量を一発クリア、世界再奪取へ「新たなスタート」

[ 2020年10月25日 17:08 ]

前日計量をクリアした比嘉大吾(左)と堤聖也(Ambitionジム提供)
Photo By スポニチ

 プロボクシング元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(25=Ambition)が26日、東京・後楽園ホールでバンタム級10回戦を行う。25日には日本ボクシングコミッション事務局で前日計量が行われ、比嘉はリミット(53.5キロ)を100グラム下回る53.4キロ、対戦相手で日本同級13位の堤聖也(24=角海老宝石)は200グラムアンダーの53.3キロで、ともに一発でパスした。

 WBC8位、WBA9位に世界ランク入りしている比嘉にとって復帰2戦目、移籍初戦は世界再挑戦への前哨戦となる試合。計量を無事クリアした比嘉は「最後らへんはキツかったけど、順調に(体重を)落とせた。いい練習もできて、いいコンディションなので、あとは試合だけ。、またボクシングをやると決めたからには、できるだけ早く(世界)チャンピオンになりたい。その新たなスタート。世界への通り道というか、その前のステップになる試合」と気合を入れた。

 18年4月のV3戦で体重超過のため、王座剥奪。ライセンス停止処分の解除を待って今年2月に再起した。その後、白井・具志堅ジムを離れ、野木丈司トレーナーとタッグを復活させた。6回TKO勝ちの再起戦は内容的に不満を残したが、フライ級王者時代よりもパワーアップを実感。「ボクシングに集中できる環境をつくってもらっているし、勝ったチャンスをもらえると思うので、自分は結果を出すだけ」と手応えを感じている。

 対戦相手の堤は高校時代に2度対戦して2敗だが、今は友人でもあり、「気持ちの強いボクサー」と評価する。「ゴングが鳴って、どう出てくるか?分からないけど、自分は行くしかないんで。頑張ります」と表情を引き締めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年10月25日のニュース