渡部VS草野 100万円より漫画に出たい!?優勝者に「はじめの一歩」登場権

[ 2020年8月22日 05:30 ]

<はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝>前日計量をクリアした渡部大介(左)と草野慎悟(DANGAN提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシングの「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント」は22日、東京・後楽園ホールで決勝が行われる。21日は前日計量が行われ、渡部大介(ワタナベ)、草野慎悟(三迫)ともにリミットの57.1キロでパスした。

 優勝者は賞金100万円に加え、週刊少年マガジンで連載中の人気マンガ「はじめの一歩」に登場する権利も与えられる。渡部は「原作に実名で登場できたらうれしいし、応援してくれる人たちに感謝の形にもなる」。草野も「漫画に出られるのが一番。(主人公の得意技)デンプシーロールで倒します」と意気込みを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年8月22日のニュース