中谷 8・21世界戦再延期…コロナ禍で相手フィリピン人選手来日できず

[ 2020年7月30日 05:30 ]

プロボクシングWBO世界フライ級3位の中谷
Photo By スポニチ

 8月21日に東京・後楽園ホールで無観客開催を予定していたプロボクシングWBO世界フライ級王座決定戦の再延期が決まった。主催する帝拳プロモーションが発表した。

 同級3位の中谷潤人(M.T)と同1位ジーメル・マグラモ(フィリピン)の一戦は当初4月4日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期。試合まで残り約3週間の現時点でマグラモの来日のメドが立っておらず、日本とフィリピンの出入国が可能になるまで再延期となった。今月上旬に走り込み合宿を完了し、すでに仕上げの段階に入っていた中谷は所属ジムを通じて「信念を強く持ち、目標の世界王者になる姿を皆さまにお見せできるよう引き続き頑張ってまいります」とコメントした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月30日のニュース