世界初挑戦の中谷、元王者・黒田と収穫スパーリング「無観客での試合イメージできた」

[ 2020年7月3日 05:30 ]

WBO世界フライ級王座決定戦   同級1位ジーメル・マグラモ 《12回戦》 同級3位中谷潤人 ( 2020年8月21日    後楽園ホール )

5ラウンドのスパーリングを行った中谷潤人(左)と黒田雅之
Photo By スポニチ

 世界初挑戦となる中谷潤人が2日、相模原市の所属ジムで元日本フライ級王者の黒田雅之(川崎新田)と5ラウンドのスパーリングを行った。前半は中間距離から多彩なコンビネーションを披露。4、5回は体を密着させて打ち合った中谷は「序盤は自分のボクシングが出せたし、近い距離では課題も見えた。本当にいい練習ができました」と充実の表情で汗を拭った。

 黒田が世界挑戦のために18年12月に返上した王座を19年2月に中谷が獲得。そんな縁もある黒田とのスパーは約3年ぶりで「強い選手なので緊張感もあって、無観客での試合をイメージできました」と収穫を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月3日のニュース