中谷潤人VSマグラモ WBO王座決定戦は8・21後楽園ホールで無観客開催

[ 2020年6月6日 22:13 ]

中谷潤人
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたWBO世界フライ級王座決定戦が8月21日に東京・後楽園ホールで無観客で開催されることが決まった。主催する帝拳プロモーションが公式サイトで発表した。同級3位の中谷潤人(22=M・T)と同1位ジーメル・マグラモ(25=フィリピン)が対戦する。

 前日本同級王者の中谷にとっては初の世界戦。20勝15KOの中谷が無敗のまま世界タイトル獲得なるか注目される。当初は4月4日に開催される予定だったが、コロナ禍で国内では興行の自粛要請が出されたため、延期が続いていた。

 スーパーフェザー級でIBF3位、WBA4位にランクされる尾川堅一(32=帝拳)がセミファイナルに登場、日本スーパーフライ級3位の梶颯(22=帝拳)の試合も予定されている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年6月6日のニュース