“はじめの一歩決勝大会”8・22開催へ 無観客想定、運営費補うためクラウドファンディング開始

[ 2020年6月6日 05:30 ]

オンライン会見で8月22日に東京・後楽園ホールでの開催が発表された「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝大会」
Photo By スポニチ

 ボクシング興行会社DANGANがオンラインで会見し、コロナ禍で延期されていた「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝大会」を8月22日に東京・後楽園ホールで開催すると発表した。

 現時点では無観客を想定しており、運営費を補うため、500万円を目標にクラウドファンディングも開始した。リターンは9種類あり、最高の120万円では約1カ月半のパーソナルトレーニングと食事指導を受けた後、試合当日に後楽園ホールで現役日本王者か東洋太平洋王者とスパーリングを行うことができる。優勝者に賞金100万円と人気漫画「はじめの一歩」に登場する権利が与えられる同トーナメントは昨年11月に開幕。決勝には渡部大介(ワタナベ)と草野慎悟(三迫)が進出した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年6月6日のニュース