コロナに負けない!「SAVE JAPAN BOXING」支援Tシャツ販売 

[ 2020年6月2日 16:04 ]

東日本ボクシング協会が販売する「SAVE JAPAN BOXING」Tシャツ
Photo By 提供写真

 東日本ボクシング協会は2日、「SAVE JAPAN BOXNG」プロジェクトの一環としてボクシング支援Tシャツを販売すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期や中止となっていた興行が7月の再開に向けて動き出しており、収益は全額をコロナ対策資金とし、興行の医療関係、予防策などの費用に充てる。

 今後はWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)やWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)ら現役世界王者に協力を仰ぎ、メッセージを伝える動画撮影も予定するなどプロジェクトを推進。「SAVE JAPAN BOXINGの活動を通じて日本のボクシング、日本のスポーツの団結力を発信し、このコロナウイルスの脅威から日本のボクシングを守り、打ち勝っていきます」とした。

 支援Tシャツは白と黒の2色で各4000円。同協会オフィシャルショップ(https://eastjpba.official.ec)で販売される。第2弾として夏物マスクの制作も進めているという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年6月2日のニュース