プロボクシング 3月の国内試合中止、延期をプロモーターに要請「公共性、公益性を優先」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月に国内で予定されている試合の中止、延期を興行を主催する各プロモーターに要請することを決定した。3月には各地で16興行があり、女子世界戦を含めタイトルマッチが10試合予定されていた。

 JBCの安河内剛事務局長は「政府方針が出たことは重く受け止めている。公共性、公益性を優先した」と説明。プロモーター側が無観客試合を希望した場合には検討するとした。なお、27日の後楽園ホールでの興行は、当日入場券の販売見送りなど規模を縮小して行われる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月27日のニュース