宮尾綾香「上手さには強さで対抗を」 多田悦子と王座決定戦、前日計量ともにクリア

[ 2020年1月27日 15:09 ]

<WBO女子世界ミニマム級王座決定戦>前日計量をクリアし、おどける多田悦子(左)と宮尾綾香(右)。中央はスーパーバイザーのレオン・パノンシロ氏
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO女子世界ミニマム級王座決定戦(28日、後楽園ホール)の調印式、前日計量が27日、東京都文京区の日本ボクシングコミッション事務局で行われ、元WBO同級王者・多田悦子(38=真正)はリミット(47.6キロ)を100グラム下回る47.5キロ、元WBA女子世界アトム級王者・宮尾綾香(36=ワタナベ)は300グラムアンダーの47.3キロで、ともに1回目でクリアした。

 前王者・佐伯霞(真正)が返上した王座をかけて元世界王者同士の激突。多田は「スピードがあって出入りもうまい選手」と宮尾の印象を語り、「リング上で向き合ってから、どういうプランで行くか決めたいと思う。今回は“敵は己”という気持ちでリングに上がる」と抱負を語った。

 階級を上げて2階級制覇に挑戦する宮尾は「階級が違うので多田さんと戦うことはないと思って見ていた。まさか、ここで拳を交えることになるとは驚いた」と心境を明かし、技術力も高い長身サウスポーの多田に対して「上手さには強さで対抗したい。勝って飛躍できる一戦にしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月27日のニュース